次回予告

この次回予告はフィクションです。
実在の人物・団体・作品等とは関係ありません。

最終更新20170328/辞書の部屋を3上昇、その祈りは星となるを2番目に追加

上ほど優先順位が高いかもしれない。


トランスペアレント・アンノウン
と彼とが特に救われることもなく交差する話】【文章】
  明け透けな名前、見え透いた未来。
   ――それでもあの日々を、きっと忘れない。

その祈りは星となる
【いわゆる顛末】
  意味よあれ。価値よあれ。
   ――その祈りそのものが、価値の種であることに気付くとき。

システムQ従事者の憂鬱/辞書の部屋
【あなたの信仰の為にあなたを支配するシステム、を管理する少女のゴースト】【茶番その3】
  極地の寒さが欲しかった。殺されるために、鳥になりたかった。
   ――これは、あなただけのための王制です。
れーやん魔法少女編(仮)
【いわゆる過去話】
  万能な幼さと、優しくない世界と。
   ――あの太陽の色は、今だって目蓋の裏に。

your beats / her life
【少女の心臓になって脱出するゲーム】【真摯であるための1】
  ぼくの鼓動と、きみの言葉と。
   ――わたしはきっと、あなただった。

そ / の名はマクガフィン/信頼できない語り手、あるいはセカンドフラッシュ
【ミドル男性とミドル男性と少年と少女と、もういない誰かのゴースト】
  亡霊は物騙る。生きるために、死ぬために。
   ――あるいは、あるいは、神殺し。


以上でお送りできたらいいですね。

墓場

下が新しい

蜥蜴のアリス
【少女の寓話】【演劇台本】
 誰を助ければいい? 誰が助ければいい?
  ――呼べる名前とこの手があって、他に何が要るというのでしょう?

屋上(仮)
【学生時代と学者と幽霊と天使】
 学者は空を飛び、幽霊は嘆き、天使は神に出会った。
  ――これは、わたしの空が、一番広かったころの、おはなし。

芦森柑砂と囁く供物
【すこしふしぎな未来とすこしふしぎな人間のなんか】
 わたしがわたしたちになる夢を見た。
  ――幻想の都合なんか知らない、わたしはわたしの現実を生きる。

無絡無銘に星を探して
【樹<<わたし>>を育てておねえちゃんに会いに行くよ!】
 正解は心の中にある。100点満点、とれるかな。
  ――言えなかった「だいすき」を言うために。

泥人形たちの茶番
【選択肢と音楽と背景とかのあるノベル】【lost and clay doll】【茶番その2】
 終末論者の希望、博愛主義者の偏愛。
  ――無絡無銘に愛はなく、さよならだけが星になる。

Radica-Lurika the Hellish Angel
【ラジカルでマジカルな鬱文】
 死んだ螺子家瑠璃架と、生きている男の子と、夜を駆ける天使のおはなし。

完了

下が新しい

Queen's Dawn
私はずっと死にたかった。
  →「スルー・ザ・ルッキン・グラス」にイベントとして実装

相互壁日記/黙示ナイトロニカ
彼にとって自分は何の意味もなかったんだってことをまだ認められずにいる。もうどこにも居ないゴースト
  →「embrace of headgehog」

泥にだって太陽は輝いてくれるのです
色に名前を付けましょう、私だけが私の主なのですから。
  →「その祈りに光あれ」

悪魔の書棺/小見山偽書/小見山家のXXX。
【錯綜するゴースト】【lost end cradle】【茶番その1】
  兄妹と親友と初恋と。家族は三人だけれど、この世に人間は二人だけ。
   ――死んでもいいから、家庭崩壊を止めましょう。
  →「Circular Gravity」