BalloonMakerと写真でバルーンを作ってみる

  • ukadocへのリンクURLを修正
目次

リンク

入門編

事前に用意するもの

  • BalloonMaker
  • ベースとなる写真/イラスト/etc
  • レイヤ機能のある画像エディタ(ここではAzPainter2を使います)

この例では以下の写真を使います。

眼鏡の下にコピー用紙を敷いて適当に写真を取りました。

ベースを作る

背景色と文字色を何にするかぼんやり考えます。

今回は白背景+黒文字にします。

BalloonMakerで文字色などを指定します。

出来たらそのバルーンを作成、インストールします。

インストールしたら、そのバルーンのディレクトリを開いておいてください。

画像の縮小表示が崩れていることもありますが、Windows付属のペイント以外なら問題なく開けます。(PixiaとAzPainter2で開けることを確認)

画像編集

とりあえずballoons0.pngと写真をあわせて様子を見てみましょう。

balloons0.pngを画像エディタで開きます。

レイヤを複製し、上から2番目のレイヤを「乗算」に。(※背景色が白以外/枠線なしの場合この手順は要りません

一番上にあるレイヤで、透過に使われている色(この場合緑)を右クリックでスポイトし、

「フィルタ」→「色操作」→「描画色以外を透明に」。

写真を新しいレイヤに追加します。重ね順は一番下に。

するとこうなります。

画像を上書き保存し(画像エディタはまだ閉じない)、バルーンを切り替えます(再読み込み)。Ctrl+Sで何か適当な文章を表示させてみましょう。

……読みづらいですね。調整しましょう。

写真を小さくし、色を薄くしました。

他の画像も同じ要領でやってしまいましょう。

ふちがガビガビしている場合

写真と背景色の組み合わせによっては、SSTPマーカーなどのふちがガビガビになったりします。

そういう場合は、BalloonMakerのBGcolorを写真のベースカラーに合わせておくと、軽減されます。

SSTPマーカーの場合、BalloonMakerでの15番以降はくっきり透過されているので、どのような背景でも問題が起こりません。

仕上げ

descript.txtのcraftmanの欄とreadme.txtを書き換えます。

特定のゴースト専用にする場合は、install.txtのacceptも記述してください。

できたら、エクスプローラからバルーンを選び、右クリック→「NAR作成」。

これで完成です。

もう少し凝ってみたい

  1. 四角以外のかたちにする
  2. SSTPマーカー
  3. オンラインマーカー
  4. スクロール可能なときの矢印的なもの
  5. 各種入力ボックス
  6. \0と\1用で色が極端に違う
  7. ネットワーク更新
  8. サムネイル画像

こんな感じです(画像は拙作「ホワイトスコア」)

四角以外のかたちにする

と言っても、以下のように、文字が表示される領域のかたちは四角以外にはなりません。

逆に言えば、文字が読めるなら、どんな形状だっていいわけです。半透明でもいい。

シェルと同様に、pnaファイルをアルファチャンネル定義として使えます。

もしくは、descript.txtで、「use_self_alpha,1」と記述する(※SSPのみ対応)と、PNGの透過情報がそのまま使えます。

SSTPマーカー

これはこのように、SSTP受信中に表示されるものですが、

こんな風に、文中で使われることがあります。

なので、汎用性を高めたい場合や、想定しているゴーストでこのようにマーカーが使われている場合、文字サイズと揃えておくといいです。

ここでもpnaなどでの透過情報が使えます。そうでなければ左上1pxが透過色になります。

オンラインマーカー

右下である義務はどこにもないのです。バルーン全体に収まるサイズであれば。

(はみ出したいのであれば、バルーンそのものの透過領域を多くとるとか)

レイヤー順的には、バルーンの画像よりは上、文字よりは下になるようです。

スクロール可能なときの矢印的なもの

(説明省略)

各種入力ボックス

これらは現時点(20141104)では半透明が使えない(左上1pxの色だけが透過される)ので、ご注意を。

\0と\1用で色が極端に違う

文字色を変えないと読めないほど各バルーンの色が違う場合。

balloons*s.txt/balloonk*s.txt(各バルーン画像と*の数字が対応)というファイルで個別に文字色等を設定することができます。

書式や設定できる内容はdescript.txtに準じます。

ネットワーク更新

descript.txtにhomeurlを記述すれば、あとはゴーストなどと同じようにネットワーク更新することができます。(※SSPのみ対応

サムネイル画像

thumbnail.png(もしくは〜.jpg、〜.pnr)を用意すれば、メニューにてバルーンの選択時に表示されます。

pngをpnrにリネームすると、画像左上1pxと同色が透過されます。

jpgか、pngのままだと、透過されません。